20代で7回転職した男のブログ

新卒入社した会社を3ヶ月で辞めて、お手本通りにレールから外れたアラサーが戯言を綴ってます。

やる気を出すコツ

やる気

みなさんはやらなきゃいけないことはたくさんあるのに

やる気が出ないなんてことはありませんか?

 

片付けないといけない仕事があるのに、

めんどくさいからあとでやろうなんて放置してしまったり。

誰にでも経験があるはずです。

 

 今回のテーマは

「やる気を出すコツ」です。

 

実は、非常に簡単な「やる気を出すコツ」があります。

 

そこで今回はやる気スイッチをオンにする方法について書きたいと思います。

 

やる気のメカニズム

 

やる気

 

結論から言うと

やる気を出すコツは、とにかくやり始めることです!!

 

この人は何を言っているんだ!と思う気持ち

よくわかります。

しかし冗談で言っているわけではありません。

 

とにかく何も考えずに始めてください。

 

というのも、脳の作用で作業興奮というものがあります。

これは何かと言いますと、、、

 

脳には側坐核というものがあり、

これを刺激することによってドーパミンが分泌されます。

 

ドーパミンとは意欲に関する脳内物質と言われており

脳内に分泌されることによって、意欲が湧いてきます。

 

つまり、側坐核を刺激することでドーパミンが分泌され、

ドーパミンの作用によって作業興奮が起こる=やる気が出るのです。

 

それでは、側坐核を刺激するためにはどうすればいいのか。

それはとにかく始めることです。

 

このメカニズムを知っておくことで

自分のやる気をコントロールしてスイッチをオンにすることができます。

 

やる気のコントロール 

たとえば、何かを勉強しようと思っていてもやる気が出ない時、

勉強のやる気が出たら始めようと思っていても

一向にやる気は湧いてこない。。。

なんて経験ありませんか?

 

これは順序が逆なんです。

 

やる気が出てから始めるのではなく

始めるからやる気が出るのです。

 

このメカニズムをうまく利用することで

やる気を自分でコントロールできるようになります。

やる気が出ない。。。なんて時には

思い出していただければと思います。