こんな理由で転職はNG?【働きアリの法則】

転職の理由

この記事をご覧いただいているということは、

転職したいと考えているのかと思います。

 

転職したいと考えているということは、

そこには何かしらの理由があるのではないでしょうか。

 

ひとえに転職したいといっても、その理由は様々です。

仕事のやりがいであったり、人間関係の悩み待遇への不満などなど。

 

今回のテーマは

「NGな転職理由について」です。 

 

こんな理由で転職したいと思っているのであれば

もう一度考えてみてほしいことについて書きたいと思います。

 

 

2-6-2の法則

みなさんは2-6-2の法則をご存知ですか?

これは割合を表しており、職場で働く人全体を10割として、

2割は優秀な人6割は普通の人2割はあまり働かない人

いることを意味しています。

 

みなさんの職場でも思い当たりませんか?

優秀な数人に仕事が集まり、普通程度の人が大部分を占め、

いてもいなくても変わんないなという人が少数いる。

 

このような現象は人間だけではなく

働きアリにも見られるので働きアリの法則とも呼ばれています!!

 

転職を考える人

転職

転職したいと思っている人は、

おそらく2割の優秀な人が多いように感じます。

 

なぜなら、

優秀な人たちは多くの仕事を任せられ、人よりも多くの仕事をこなし成果を出している

にも関わらず、給料は他の人たちと変わらない!からです。

 

場合によっては、全然働かない先輩の方が給料が高い!なんてことまであります。

そうすると、不公平だと感じるようになり、

転職したいと考えるようになります。

 

反対に、あまり働かない2割の人たちは

他の職場では通用しないため

今の会社にしがみつこうとして転職などの行動を起こさない人が多く、

職場に残り続けるでしょう。

 

優秀な人から会社を辞めていく職場の話は私の周りでもよく耳にします。

それなら、働かない2割の人たちをクビにして、

優秀な人を採用すればいいと考えられますが、

実際にはそうそううまくいきません。

 

優秀な人を採用することが難しいということだけではなく、

優秀な人を採用できたとしても

この2-6-2の法則が発動します。

 

この法則によると、優秀な人ばかりを集めても

結局その中から2割はあまり働かない人が現れます

反対に、あまり働かない人ばかりを集めても

その中から2割は優秀な人が現れます。

 みなさんの職場にいるあまり働かない人の存在は必然ということですね。

 

この人が職場からいなくなったら仕事が回らない

思われるような人が、辞めるケースがあります。

しかし、辞めた直後はバタバタするものの、

ほとんどの場合、なんだかんだ仕事は回っていくのは

この法則によるのかもしれません。

 

そのため、

自分が辞めることで会社にダメージを与えたいと思って

転職を考えている人は考え直した方がいいかもしれません。

 

また、自分ばかり多くの仕事をこなさないといけないことに不満

抱いている方も、おそらくどこにいっても同じ不満を抱くことになる

可能性が高いので再考をおすすめします。

 

もちろん、転職することで給料など待遇がよくなりそうな人

行動を起こした方がいいと思います。

 

しかし、今の給料や待遇は満足している同じ給料の同僚との仕事量の不公平感

仕事をしない人に対する苛立ちで転職したいと思っている方は

転職しない方がいいと思います。

結局同じことが次の職場でも起こる可能性が高いからです。

 

まとめ

転職

私は20代で7回転職し、中小企業から大企業まで

会社の規模や仕事内容が異なるさまざまな職場を経験していますが、

すべての職場で2-6-2の法則が表れているように感じました。

 

あなたが転職したいと思っている理由はなんでしょうか。

転職することでそれは解決するでしょうか。

自分が転職したいと思っている理由を明確にしないと、

転職しても何も変わらないかもしれません。

後悔しないように適切な決断をしてほしいと思います。

 

転職を検討している方はぜひこちらの記事も読んでみてください。

転職した方がいい場合もあります。

www.seventimes-japan.com

www.seventimes-japan.com